金沢で女子に人気のお土産は何か?調査したので紹介します

22224416_s 和菓子

北陸新幹線が開通して東京から約2時間半で行ける金沢。北陸エリアの中でも、特に人気が高まっている観光スポットです。 金沢城や城下町、伝統文化が盛んな町ということもあり、女子旅、家族旅行などの目的地としても人気があります。

今回の記事では、女子の旅行先として人気のある金沢で、「女子に人気のお土産はどんなものがあるのか?」を紹介していきますので、金沢へ旅行に行った際には、ぜひお土産を買う時の参考にしていただけたらと思います。

金澤 福うさぎ

包みを開けると、何ともかわいらしいうさぎの形をした蒸し饅頭が現れます。

色とりどりの福うさぎには、それぞれ石川・金沢の名産品を中心とした素材の餡が入っていて、ふんわり、もっちりとした生地で包み込んでいるので、豊かな風味や味わい、そして何といってもかわいらしいうさぎの形を楽しむことができる、お土産にもピッタリの商品です。

落雁諸江屋(らくがんもろえや)のわびタンス

穀類の粉に砂糖や水あめなどを入れて練り、木型に押して乾燥させたお菓子である「落雁」。

その落雁が小さな三段式の小箱に美しく並んでいるので、食べるのがもったいないと感じてしまいます。

食べた後の小箱は、アクセサリーや小物いれにピッタリなので、お土産として渡しても喜ばれますよ。

石川屋本舗の「かいちん」

かいちんとは、金沢で昔使われていた言葉で、今でいう「おはじき」のことです。 寒天と砂糖を自然乾燥させて作る琥珀糖のお菓子は、おはじきのように色とりどりで、思わず見とれてしまいます。

かいちんの外側はカリッとしていて、中身は寒天の弾力感があって、ゼリーのようなとろりとした柔らかさもあり、何とも不思議な食感を楽しむことができます。

外見だけでなく、食べても魅力的なお菓子です。

加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」

見た目がかわいい加藤晧陽堂の「うちわ煎餅」。

もち米を加工した煎餅に、四季折々の花鳥風月を描かれているやさしい甘さの煎餅です。

自然乾燥にて一枚一枚丁寧に絵が描かれていて、自然乾燥ならではの、ほのかに柔らかさの残るせんべいは、味も形も魅力的でお土産にピッタリの商品です。

高木屋の「紙ふうせん」

高木屋の「紙ふうせん」は、かわいい丸い最中の中に、カラフルな和風ゼリーの錦玉が入っています。

中のゼリーは、レモンやぶどうや白ワインなどの味の寒天ゼリーを詰め込んだ、かわいらしいお菓子に仕上がっています。

箱を開けると、5色の折り紙が付いていて「紙ふうせん」の折り方がついていますので、食べ終わったら楽しんでくださいね。

末広堂の人気おすすめ和菓子

22670642_s

末広堂には、もなか、きんつば、黄身しぐれなど大人から子供まで一緒に食べられる和菓子がいろいろあります。

形状が特徴的な「かわいいうさぎ」の最中は、お中元や会社の取引先への起業祝いや縁起物を購入したい方に喜ばれています。

usagi

他にも、和菓子として有名なきんつばは、一切砂糖をつかわないこだわり。

kin-syoujou

和菓子は低カロリーですから、ダイエット中の方や筋トレなどを実践している人が、運動前後に食べるメニューとしても多くの人がおすすめをしています。

筋トレ後に和菓子などの甘い物を接種したら太るの?選び方のポイントや誤解が多い注意点

お土産や手土産に悩まれた際には、お電話でのご相談も承っております。

是非お気軽にご連絡ください。