ういろうは薬?材料や効果【和菓子の歴史】

5517 和菓子

こんにちわ。

慶応3年創業の老舗和菓子店「末広堂」です。

ういろうとは、和菓子の中では蒸し菓子に該当します。

和菓子の種類や名前の由来【歴史を簡単に年表でまとめ】

ういろうとは?発祥の歴史や由来、ようかんとの違い

今回の記事では、ういろうは薬として用いられていた歴史や効果、効能についてご紹介します。

ういろうはどんなお菓子?

2363

ういろうは、日本全国でさまざまな材料を使った名物があります。

全国で有名な名古屋では、米粉と砂糖を主原料として蒸して仕上げるお菓子です。

もちっとした食感とずっしりとした重量感gあります。

山口県では、わらび粉を使うことで、ブルブルとした弾力やモチモチ食感が人気です。

ういろうは薬?歴史や文化

8019

ういろうは、600年以上続く家伝薬としても知られています。

戦国時代には後北条市の城下町として栄えた小田原。

その後も江戸時代に東海道屈指の宿場町として栄えたことで有名です。

その一角に構えているのが、和菓子を薬として販売している「ういろう」

薬の「ういろう」の名称

247

ういろうは、薬としては、透頂香」(読み:とうちんこう」と言います。

とうちんこうは、外郎家に代々伝わっている製法を守って一子相伝の薬として、家伝薬として伝わっています。

ういろうの薬の効果、効能

883383

漢方薬として知られている薬であり、以下のような効能が期待されています。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 悪心嘔吐
  • 咳や痰のつかえ

など胃腸風邪や初期の風症状などに効能が期待されています。

医薬品としても医療機器等の品質、安全性や有効性においては、薬局製剤に属します。

本来人間が持つ自然治癒力を高める効果や解毒作用があることが知られています。

下痢や腹痛は、ぬるま湯で飲みましょう。

吐き気がある時(乗り物酔い)などの場合は、冷水で服用すると効果が期待できるとされています。

歌舞伎俳優の市川團十郎さんが持病で声が出なくなった時に服用したというのが有名な話として残っています。

外郎の薬の用法

5145097

漢方薬として知られている「透頂香」の飲み方をご紹介します。

成人の場合は、1回あたり10~20粒。

1日3回から4階。

飲み方は、白湯で服用します。

白湯とは、水をはわかしただけで何も入れないお湯のことです。

温度の目安は、50度前後まで冷ました状態です。

透頂香の名前の由来

5198713

透頂香の名前の由来は、京都と関係します。

元は、外郎家の祖である陳延祐が家伝薬を大陸から博多に持ち込んだのが始まりです。

その後、京都に伝わった時に、ニオイ等の特徴から名前が決まったそうです。

体のニオイ消しに用いた際には、「いただきからよい香りが透き出てくる」という意味が込めて、「透頂香」という名を帝から授かったそうです。

体に良いものは積極的に取り入れて、バランスの良い食生活を心がけましょう。

和菓子は、美容や健康にも良いことがいろいろあります。

和菓子は美容と健康に良い?通販購入前にあんこの効果を知っておこう!